五十音順  ア~ワ
 

 アイテム

アイテム。商品を色、サイズまで分類した最小単位。


 アジャイル・マニュファクチャリング (Agile Manufacturing)

柔軟、迅速な製造。究極のQRとは「1つ売り、1つ作る」という考え方に基づき、米国で開発が進められている技術。 情報通信技術、情報ネットワ-クと多能工が構成要素。


 アプリケ-ション・プログラム

実際の業務に適用されるコンピュ-タ・プログラム。アプリケ-ション・システム、あるいは単にアプリケ-ションということもある。


 インストア・マ-キング

JANコ-ド・ラベルを小売が商品に取り付けること。商品メ-カ-コ-ドを流通システムコ-ドセンタ-に登録していないので、共通商品コ-ドとして利用することはできない。インハウス・マ-キングともいう。


 可変長EDI

オンライン・デ-タ-交換。送る側と受ける側で共通のトランスレ-タ-・プログラムを使用するが、ファイルの書式を完全に一致させる必要はない。パソコンの運用が可能。


 共通商品コ-ド

取引先と共通に使える商品識別コ-ド。JANは国際的に利用可能な共通商品コ-ドである。


 固定長EDI

オンライン・デ-タ-交換。送る側と受ける側のファイルの書式を完全に一致させる必要がある。大手企業を中心としたEDIで利用されている。


 シソ-ラス・テ-ブル

コンピュ-タで使う検索キ-ワ-ドを増やすための辞書。類似語や同意語を体系的に整理したもの。


 出荷カ-トン・マ-キング

出荷梱包にラベルでマ-クする。カ-トンに貼付されたSCMラベルのバ-コ-ド(コ-ド128)をスキャナ-で読み取り、予め電送されている納品デ-タと照合させることにより、現場の検収作業を簡略化する。"Container"は、容器の意味。


 事前出荷明細 (通知)

予め納品デ-タを電送しておくこと。出荷の際にバ-コ-ドでスキャンして電送する。この情報によって、納入先は検収を簡略化し、また後工程の計画を早めに作成できる。商品を出荷する場合、到着前にその出荷内容を知らせる事で、到着時の荷受所、保管場所の確保、クロスドッキングなどの標準ができ、荷受作業を効率化する事ができる。


 シンタックス・ル-ル

標準メッセ-ジを既述する構文規約。CII、UN/EDIFACT、ANSI X12などのル-ルがある。共通EDIファイルへの変換や逆変換を行うトランスレ-タ-・プログラムは、このル-ルに基づいて作成する。


 スキャナ-

バ-コ-ド読み取り機のこと。


 ソ-ス・マ-キング

生産者(アパレル、卸業等)側が、商品にJANコード等の付帯情報を付けること、これにより商品単品での管理が可能となる。


 通信プロトコル

通信制御手順ともいう。コンピュ-タの間で通信回線を利用してデ-タ-交換を行うための技術。デ-タ交換は、通信回線の種類、通信方法などを定めた通信プロトコル仕様書にもとづき通信プログラムを作成し、コンピュ-タに接続した通信制御装置を経由して行う。


 パ-トナ-シップ

運命共同体。理念や知識の問題ではなく、実績に基づく信頼関係が必要。


 標準バ-コ-ド

バ-コ-ドは、スキャニング技術の進歩によりEDIと連動してPOS分析や物流効率化などで使われている。JAN、ITF、コ-ド39、コ-ド128、NW7などの種類がある。最近、物流用コ-ド(混載用カ-トンラベル)としてコ-ド128が注目されている。


 標準メッセ-ジ

文書の形式について、例えば発注書の形式の見本のようなもの。EDI用語。


 4レベルPLU

POSレジスタ-でバ-コ-ドから商品コ-ドを読取り店舗端末にある価格デ-タベ-スから検索し、価格を読み取ることをPLU(プライス・ルック・アップ)という。4レベルPLUは、品数の多い衣料品でデ-タ格納と検索を4レベルに段層化して効率的に行う手法。4レベルとは、JANコ-ド(色、サイズ)レベル、価格レベル、商品名レベル、および買変(値引き開始日)レベルをいう。


 ロ-ルID (Roll Identification)

ロ-ル単位で織物の製造者とロ-ル番号が識別できるように、バ-コ-ドと人が読み取れる記号を併記したラベルをロ-ル貼付する。